(・_・)b

Since July 08, 2008 (Vol.10)

No Museum, No Life?

No Museum, No Life?は来週からヽ(´ー`)ノ
6月16日(火)~9月13日(日)
10時~17時 金曜は20時迄。
月曜&7月21日(火)休館 7月20日は開館
東京国立近代美術館

poster_20150608234020380.jpg

今回の展覧会は、いつもと趣向を変えて
美術館そのものをテーマにしています。


La Libertà invita gli artisti a partecipare al XXII Salon des Artistes Indépendants
La Liberté invitant les artistes à prendre part à la 22e exposition des artistes indépendants
-Henri Rousseau

美術館という空間には
素朴な疑問がいろいろあるものの、
作品が主役であるため
美術館そのものに目を向けることは
あまり多くないのではないでしょうか。


Musée du Louvre 4, Paris , 1989
Musée du Louvre 4, Paris
-Thomas Struth

しかし、美術館の構造や設備、
作品の保管や運搬、展示、解説、
そしてそれにかかわる多くの人々…、
そこには様々なストーリーがあります。


Le Penseur
Le Penseur-Auguste Rodin

今回はそれらにスポットを当て、
事典に見立てたAからZまでの
36のキーワードにそって紹介していきます。


裸体美人
裸体美人-萬鉄五郎

これは面白そうヽ(´ー`*)ノわくわく

DUCHAMP_20150609005740dbf.jpg
Fountain-Marcel Duchamp

デュシャンの泉、なんか久々だなぁ…
初めて観たのはデュシャン展だったが、
どこかでも観た気がする…ううむ…
あのシールは、まだ図録と共に、しまいこんである筈…
[ 2015/06/09 ]

マグリット展に行ったよ

16日は、そのままマグリット展も行ったヽ(´ー`)人(´ー`)ノ

roi.jpg
Le Musée du Roi

こちらは、そこそこ混んでいた…と言うのか、
絵の前での佇み率が高かった。

Alice au pays des merveilles
Alice au pays des merveilles

しかし、案外観た事のある絵が多かった事もあり、
それほどイラッとしなかった(´ー`)y-~~

La trahison des images
La trahison des images

しかし、もうちょっとガラガラの状態で、
じっくり観たかったなぁ…

La condition humaine
La condition humaine

また10年ちょっとしたら、いっぱい来るかなヽ(´ー`?)ノ

La Bonne Aventure
La Bonne Aventure

あのまま続けて書くつもりだったのに、
流石に10日以上経ったら感想を忘れていて、
ちょっと愕然としたよ…ふっ…(遠い目)
[ 2015/05/28 ]

ルーヴル展に行ったよ

16日はルーヴル美術館展に行ったヽ(´ー`)人(´ー`)ノ

Le singe peintre
Le singe peintre
-Gabriel-Alexandre Decamps

気付いたら、もう残り半月ちょっとになっていたので、
混雑覚悟で午後になって出掛けたのだが、
幸い大した混雑もなく、並ばずに入れた。

Les Mendiants
Les Mendiants-Pieter Brueghel l'Ancien

ルーヴル美術館展は、これまでに何度も開催されたので、
結構久々に観る作品も多かった為、
また違った視点で楽しめたヽ(´ー`)ノ

Corot_20150518194038cb6.jpg
L'Atelier de Corot
-Jean-Baptiste Camille Corot

あ、そうそう(゚Д゚)
またまた執念深いお話をひとつ。
今回、例の鉛筆を忘れたので、会場の鉛筆を借りたのだが、
新美も、クリップ付き鉛筆でしたよ。
やはり大抵の美術館で通用しているようですな…

Octave Tassaert
Intérieur d'atelier-Octave Tassaert

暫く在庫切れが続いていた本も販売されていたので、
ポルボローネ2種と、蠍座のペンダントと共に買って貰った♪

3_20150518202445830.jpg

帰宅後確認すると、また入荷してたので、
やはり人気なのだろう…お好きな人は是非(・_・)b

Louvre.jpg
千年の翼、百年の夢 豪華版
(ビッグコミックススペシャル)


ルーヴルには守り人が棲んでいる

芸術家たちの魂が集う、
美の迷宮ルーヴル美術館を訪れた作家は、
ルーヴルの守り人に導かれ、美術史の旅に出る。
ゴッホ、コロー、など巨匠たちと出会い、
言葉を交わした作家が、
最後に出会う人とは…!?
[ 2015/05/18 ]

ほっこり美術館に行ったよ

6日はほっこり美術館に行ったヽ(´ー`)人(´ー`)ノ

poster_201505171412387ab.jpg

本展は、かわいらしいもの、
幼いもの、小さいもの、素朴なものといった
表現対象の属性による「ちいさきものたち」、
丸いかたち、柔らかな色調といった作家の造形に注目した
「かたちから生まれるもの」、
鑑賞者に郷愁やせつなさといった感情を呼び起す
テーマや物語性をもつ「こころ動かすもの」の3章で構成し、
従来「美」を基準に語られてきた美術作品を、
現在の感性を反映した「ほっこり」をキーワードに
鑑賞者の感覚や心情から捉え直すことで、
日本人の感性のありようを再考するものです。

連休最終日だったからか、
幸い混雑もなく、まったりと観られた。

hy.jpg
はにわ-山口蓬春

ずっと気になっていた、深堀隆介の金魚作品が、
沢山観られて楽しかったヽ(´ー`*)ノ
上からだと、ちゃんと金魚なのに、
横から見ると、薄っぺらい層になっていて面白かった♪

st_201505171456538d6.jpg
熊-竹内栖鳳

の熊も久々だったヽ(´ー`)ノ

bonbon.jpg
金魚づくし ぼんぼん-歌川国芳

展示作品が少なかったからか面白かったからか、
すぐ観終わった気がする…ちょっと戻ったけどノ(*´ー`)

at.jpg
灯の中の対話-寺田政明

そうそう、今回は特に谷内六郎館が気になり、
「谷内六郎コレクション120」を買って貰った♪

120.jpg

これまでにも数回訪れているのに、
なんだか今回は、添えられている文が響いた。

そう言えば、遺族への返還、なくなったんだねぇ…
遺族側の請求を棄却 | 横須賀 | タウンニュース

後は、木村利三郎の特集も良かった。

195.jpg
city195-木村利三郎

そうそう、3年前に、
美術館併設レストラン前の芝生に沢山いた虫達は、
今回全くいなくなっていたよ(゚Д゚)鳥もね…
[ 2015/05/17 ]

ダブル・インパクトに行ったよ

5日は、ダブル・インパクトに行ったヽ(´ー`)人(´ー`)ノ

wposter.jpg

本展のテーマは、
黒船来航から近代国家成立までの
およそ半世紀の歳月に起きた、
日本と西洋の影響関係を
絵画、工芸、写真などを通して再検討すること。


yokohama.jpg
横浜波止場ヨリ海岸通異人館之真図
-三代歌川広重

日本が受けた西洋からの衝撃
「ウエスタン・インパクト」のみならず、
西洋人が日本から受けた衝撃
「ジャパニーズ・インパクト」、
また同時代の日本人の暮らしや美術を
どのように捉えていたかを
時系列に沿って紹介する。


tenjin.jpg
菅原道真天拝山祈祷の図
-小林永濯

子供の日だし、混んでいるかな…と思ったが、
科博や東博等に大勢流れていたものの、
こちらは、そんなに混雑していなくて良かった。

nehan.jpg
野菜涅槃図蒔絵盆-柴田是真

↑これは凄いと思った(゚Д゚)野菜なのに涅槃図!

knehan.jpg
参考画像

それから、人体骨格や、龍にも驚いた。

bone.jpg
人体骨格-旭玉山

どちらも、完璧な関節があるから動かせる(゚Д゚)9

ryuu.jpg
竜自在-高石重義

今回、一番欲しかったのは、これ(´ー`*)ノ

Crystal.jpg
水晶置物-鈴木長吉

本当に綺麗だった…

moon.jpg
月の出-菱田春草

それからこれも(´ー`*)ノ

HIBO.jpg
悲母観音-狩野芳崖

東京藝術大学とボストン美術館のコレクションなので、
なんだか凄い作品が沢山あるだろう…とは思っていたが、
本当に凄かった…
日曜迄なので、お好きな人は是非(・_・)b

5.gif

7月からの「うらめしや~、冥途のみやげ」展も、
なんだか面白そうだヽ(´ー`)ノ
7月22日(水)~9月13日(日)月曜休館
東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2

uposter.jpg

怪談を得意とした、明治時代の噺家
三遊亭圓朝のコレクションを中心に、
国内有数の幽霊画が全点公開。


yuurei.jpg
幽霊図-河鍋暁斎

思わず目を背けたくなるような
おどろおどろしい作品から、
目の離せない美しさを持つ作品までが揃う。


syoen.jpg
焔-上村松園
[ 2015/05/14 ]

マグリット展

マグリット展は25日からヽ(´ー`)ノ
3月25日(水)~6月29日(月)10時~18時
火曜休館 5月5日(火)、5月26日(火)は開館
金曜は20時迄。
4月25日(土)は22時迄。
5月23日(土)、24日(日)、30日(土)、31日(日)は20時迄。
国立新美術館 企画展示室2E

poster_201503132337154ce.jpg

ルネ・マグリットは、ベルギーの国民的画家であり、
20世紀美術を代表する芸術家です。


LOiseau de Ciel
L'Oiseau de Ciel

シュルレアリスムの巨匠として知られていますが、
枠にとどまらず、独自の芸術世界を作り上げました。


Les vacances de Hegel
Les vacances de Hegel

言葉やイメージ、時間や重力といった、
私たちの思考や行動を規定する“枠”を
飛び超えてみせる独特の芸術世界は、
その後のアートやデザインにも大きな影響を与えました。


La clef des champs
La clef des champs

日本におけるマグリットの本格的な回顧展は
2002年以来、実に13年ぶりとなります。


2002Magritte.jpg

世界10か国以上から
代表作約130作品が集まる本展に、
どうぞご期待ください。


LEmpire de la Lumière II
L'Empire de la Lumière II

そう言えば一時期、
マグリットやミュシャがバソバソだったけれど、
10年以上経っていたのか(゚Д゚)

Carte Blanche
Carte Blanche

お恥ずかしながら、L'Oiseau de Ciel(空の鳥)を見て、
『あれれヽ(´ー`?)ノ大家族、名前変わったのかな』と、
物凄い勘違いをした。

La Grande Famille
La Grande Famille

向きから何から随分違うのに…ノ(*´ー`)エヘヘ
[ 2015/03/14 ]

ホイッスラー展に行ったよ

日曜はホイッスラー展に行ったヽ(´ー`)人(´ー`)ノ

poster_20150227115546cd2.jpg

19世紀後半の欧米の画壇において、
最も影響力のあった画家の一人であるホイッスラーは、
ロンドンとパリを主な拠点として活躍し、
印象派の画家たちとも親交がありました。


Arrangement in Gray
Arrangement in Gray: Portrait of the Painter

また、構図や画面空間、色彩の調和などに関して、
日本美術からインスピレーションを得て
独自のスタイルを確立したジャポニスムの画家として
世界的に知られています。


Purple and Rose
Purple and Rose: The Lange Leizen of the Six Marks

本展は、新たな芸術誕生の牽引者となった
ジャポニスムの巨匠・ホイッスラーの全貌を紹介する、
日本では四半世紀ぶりとなる大規模な回顧展です。


Symphony in White2
Symphony in White, No. 2: The Little White Girl

画家の母が来ないしなぁ…』と、
ちょっと迷っていたが、行って良かったヽ(´ー`)ノ

Coast of Brittany
Coast of Brittany

ピーコック・ルームの話が面白かった。
勝手にやっちゃダメだろう…(-_-;)

The Princess from the Land of Porcelain
The Princess from the Land of Porcelain

ラスキン裁判のお話も興味深かった。

Nocturne in black and gold
Nocturne in Black and Gold – The Falling Rocket

そうそう、横美の貸し出し用鉛筆は、
やはりクリップ付きタイプだったよ(・_・)b

Nocturne the Solent
Nocturne: the Solent

開催は、明後日3月1日迄ヽ(´ー`;)ノ

In the Studio
In the Studio
[ 2015/02/27 ]

ルーヴル美術館展

ルーヴル美術館展は土曜日からヽ(´ー`*)ノ
2月21日(土)~6月1日(月)10時~18時
金曜、5/23(土)、24(日)、30(土)、31(日)は20時迄。
4/25(土)は22時迄。
火曜休館5月5日(火)、26日(火)は開館
国立新美術館 企画展示室1E

poster_20150219195901e8a.jpg

本展は、ルーヴル美術館の膨大なコレクションから
厳選された16世紀から19世紀半ばまでの
約80点を公開します。


Le singe peintre
Le singe peintre-Jean Siméon Chardin

さまざまな人々の日常生活の情景を描いた
「風俗画」の名作を紹介します。


La Diseuse de bonne aventure
La Diseuse de bonne aventure-Nicolas Régnier

最大の目玉は、オランダの17世紀の画家、
フェルメール「天文学者」。


De astronoom
De astronoom -Johannes Vermeer

ルーヴルが所蔵する2点のフェルメール作品のうち、
日本では未公開だったものです。


Tiziano.jpg
Donna allo specchio-Tiziano

その他、ティツィアーノ、マセイス、レンブラント、
ルーベンス、シャルダン、ミレーなど、
欧州の各国・各時代を代表する
巨匠たちの名画が一堂に会します。


Nature morte à léchiquier,
Nature morte à l'échiquier-Lubin Baugin

6年ぶりとは(゚Д゚)
前回、確かに行った筈なのに、
何故か、「行ったよ」な記事が残っていない…

kantwerkster.jpg
De kantwerkster-Johannes Vermeer

ルーヴルに2点あるフェルメール作品のひとつ、
レースを編む女も観たし、
彼にも確認したのに…(-_-;)謎だ…
[ 2015/02/19 ]

超現実派の散歩

東郷青児〈超現実派の散歩〉と収蔵品選
11月15日(土)~12月25日(木)10時~18時
月曜休館11月24、25日は開館
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

poster_20141108182954cb2.jpg

損保ジャパン東郷青児美術館から、
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館へと、
名称変更して初めての収蔵品展。


st_201411082212354fd.jpg
超現実派の散歩-東郷青児

新しいロゴマークのもととなった、
東郷青児の『超現実派の散歩』
に焦点を当てる第1部。


b_20141108232320715.jpg
望郷-東郷青児

そして損保ジャパンと日本興亜の統合を記念した、
損保ジャパン日本興亜から寄託されている
美術コレクションを紹介する第2部から構成される。


r.jpg
虎ノ門風景-岸田劉生

k_20141108231832c31.jpg
猿-山口華楊

g.jpg
Les Tournesols-Vincent van Gogh

p_20141108233328dc6.jpg
Jeune fille au chapeau-Auguste Renoir


超現ヽ(´ー`)ノ超現
もうずっと最近観られなかったので、本当に嬉しい♪
[ 2014/11/08 ]

キリコ展

ジョルジョ・デ・キリコ-変遷と回帰-
10月25日(土)~12月26日(金) 10時~18時
水曜休館12月3.10.17.24日は開館
パナソニック 汐留ミュージアム

poster_20141022183847302.jpg

20世紀を代表する画家
ジョルジョ・デ・キリコ


autoritratto.jpg
autoritratto

形而上絵画と称される作品は、
目に見える日常の裏側に潜む
神秘や謎を表現しようとしたもので、
後のシュルレアリストたちに大きな影響を与えた。


Piazza ditalia con sole spento
Piazza d'italia con sole spento

妻イザベッラ旧蔵品の寄贈を受けた
パリ市立近代美術館のコレクションを中心に、
初期から最晩年までの選りすぐりの作品でたどる
デ・キリコの回顧展。


Isa et George
Isa et George

およそ8割が日本初公開。

Nudo Seduto con drappo rosa e giallo
Nudo Seduto con drappo rosa e giallo

今年必見の展覧会。

Testa di animale misterioso

Testa di animale misterioso

前回から9年も経っていたのか(゚Д゚)

Chirico2005.jpg
[ 2014/10/22 ]
Divination
BlogPeople
Art People
美術館に行こう!