(・_・)b

Since July 08, 2008 (Vol.10)

ピカソとクレーの生きた時代

20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代は来月2日からヽ(´ー`)ノ
1月2日(金)~3月22日(日)期間中無休
10:00~19:00 毎週金・土は21:00まで
Bunkamuraザ・ミュージアム

Klee.jpg
Kamel in rhythmischer Baumlandschaft-Paul Klee

ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館(通称“K20”)は、
質の高い20世紀美術の豊富なコレクションで知られています。


Picasso.jpg

Femme accroupie-Pablo Picasso

所蔵作品は、パウル・クレーの充実した作品群をはじめ、
ピカソ、マティス、シャガール、ブラックといった
20世紀初頭のおなじみの巨匠たち、
また、マグリットやエルンストといったシュルレアリスムから、ミロなど
20世紀前半の美術史を語るには欠かせない画家の作品を網羅しています。


Miro.jpg
Personnages Rythmiques-Joan Miró

今回、この珠玉の作品群が一挙に出品されることとなり、
ピカソとクレーの作品をはじめ、
20世紀美術界の人気画家の良質の作品により、
20世紀前半の流れを展観します。


beckmann.jpg
Die Nacht-Max Beckmann


5.gif

21日、山口薫展に行ったが、諸々で入館が遅くなったからか、
図録は売り切れ、展示目録もなしだった(ρ_;)
珍しく、まったりと観られて良かったのに、やはり、あそことは縁が薄いのかな…

…と思っていると、23日の最終日、これも事情があって、ワイエス展に行き損なった(ρ_;)
やはり、チケットを入手したら、サクサクと赴くべきだな…ふっ…(遠い目)…
[ 2008/12/24 ]
Divination
BlogPeople
Art People
美術館に行こう!