(・_・)b

Since July 08, 2008 (Vol.10)

皐月の雑談

ふと気づくと皐月ですな…
027088.gif

2月25日、
エゴン・シーレの映画を観に行ったヽ(´ー`)人(´ー`)ノ

egonschiele1.jpg

シーレの伝説と最高傑作「死と乙女」に秘められた愛の物語が
今、明らかになる─



そ~んなに鬱々した感じに見せてないような気もするけれど、
ヴァリの扱いとか諸々アレだった…

Wally.jpg

まあ、なんか最後の方辺りもキツかったよ(-_-;)28歳没

2egonschiele.jpg

Schiele_20170511143606d5d.jpg
Tod und Mädchen-Egon Schiele

クリムト役の人が出た時は、
ちょっと場内が和んだヽ(´ー`)ノ

Klimt.jpg

その日は、ジャック&ベティでの初日で、
最初の1週間を逃すと、午前中上映になる為、
大急ぎだったヽ(´ー`;)ノ

帰りにおなかが空いたので、利久庵へ。
少しだけ待ったものの、すぐ座れて運が良かった♪
土曜の午後なのに、後から人がどんどん入店していた。

待っている間に、壁に貼られたお品書きを見て、
彼は期間限定の何か(失念)、私は牡蠣ざるに決めた。
メインの前に、ちょっとだけ、お相伴と、おつまみ。

何にしようかとパラパラ見ていると、
そばがきがあったので、小躍りしつつ注文ヽ(´ー`*)ノ
大きいのが1個ではなく、
コロンコロンと食べやすい大きさで、
とても美味しかった!

牡蠣ざるは、冷たいお蕎麦を、
たっぷり牡蠣が入った熱いつゆにつけて食べるものだった。
この牡蠣がとても大きかったので、1個だけ彼にあげ、
その後食べ進むと、下からまだゴロゴロ牡蠣が!!
2か月以上過ぎても、まだ記憶にあるインパクト(゚Д゚)9
とても満足してお店を出た♪



七色の誕生日占いは、とても当たる(・_・)b

1111.png

これだけではなく、「相性の悪い誕生日」として、
母のお誕生日が一番最初に書かれている。
11月11日生まれの女性の運勢

57歳頃、「思いがけない幸運が転がり込んでくる」らしい。
随分先だが楽しみにしているヽ(´ー`*)ノわくわく



3月末、絵画の潮流展に行ったヽ(´ー`)人(´ー`)ノ

yw2620.jpg
明治から昭和に至るいわゆる近代日本において、
日本画と洋画はどのような変遷を遂げていったのか。
その流れを垣間見ることができる展覧会です。


ty_20170513170350c24.jpg
霊峰不二-横山大観

kk_20170513174954c1d.jpg
瓶花-小林古径

ys_20170513173408b60.jpg
白い道-佐伯祐三

sa_201705131740075dd.jpg
海-青木繁

ちょっと混雑していた記憶だが、なかなか面白かったのに、
うろ覚えで残念である…ふっ…(遠い目)


LUKE’S ルミネ横浜店が、できた直後に一度買いに行った。


あの場所は目立たなくて惜しいな…(-_-;)

USでも思ったより小ぶりだったが美味しかった。
シュリンプロールはミニミニな海老が沢山入っていた。
先行販売のひとつ、クラブグリルドチーズは普通だった。
結局オススメはUSサイズのロブスターロール(・_・)b

fish_lobster.gif

これで火がついて(?)、4月最終日、
レッドロブスターに行った。
前回えのすいの帰りに寄って以来だから随分経つが、
相変わらず美味しかったヽ(´π`)ノ

前回の失敗(?)を踏まえて主食的なモノは頼まずに、
生牡蠣と、カクテルシュリンプと、
チョッピーノとクラムチャウダーと、
ムール貝とアサリの白ワイン蒸しと、
フィッシュ&チップと、ミディアムを1匹ずつと、
彼がアップルコブラ、私がキャラメルパンケーキ。

もっと近くにあれば良いのになぁ…



話が前後するが、レッドロブスターへ行く前に、
ずっと行きたかった寒川神社に行けた♪

DSC_1164.jpg

相模国一宮って事で一度は…と思っていたのと、
祖母の御朱印帖が随分たまって一旦お休みするそうなので、
最後の2枚に協力しようと思ってねノ(*´ー`)エヘヘ

駐車場に入る途中で、お寺が見えた。
そして確かに「南無大師遍照金剛」と書かれていたので、
『真言宗のお寺があったから帰りに寄ってよヽ(´ー`)ノ』
と、彼に告げたのだが、どうやら見ていなかった上に、
GPSにも出ていなかったのか、場所がわからない。

まずは寒川神社の参拝と、御朱印をいただこうと中へ。
お天気も良くて、木々の緑が爽やかで、
本殿に向かう途中は、ちょっと虫が気になったものの、
昭和祭の翌日で混雑もなく、とても良い場所だった。
記念にカード型の白いお守りを贈りあった。

サイトで見かけたので、普通の御朱印と、
特別な八方除けの御朱印の2枚を希望したら、
今は1枚に纏められているとの事で、1枚いただく。

gosyuin_chou.png

それからお土産もの屋さんで、
八福餅と、添加物なしの梅干し2箱、
しらすせんべいを入手。

駐車場に向かうと誘導の人がいたので、
近くのお寺の場所を尋ねると、
「歩いて行ける場所には無いですよ」と言われた。

しかし絶対ある筈なので、車をそのままに、
彼と来た道を再現してみると、やはりあったヽ(´ー`*)ノ
西善院 - さむかわ さわやか ちょこっと ウォーキング ホームページ!

nigaoe_kuukai.png

お参りをして、握手大師と固く握手をしてから、
御朱印をいただいた。
奥さんと、ちょっと会話してから車に戻った。

『さっきの人に、お寺あるって言うべきかな…』
「別に言わなくても良いかもな」
そんな感じで、ちょっとだけもやっとした(-_-;)



こどもの日には高円寺に行ったヽ(´ー`)人(´ー`)ノ
偶然彼のご用があっただけだったのだが、
そこに行くなら高円寺に行かねばならないと、
無理矢理連れて行ってもらった(´ー`)y-~~

「曹洞宗と全く関係がないじゃん」
『確か祖母の実家が曹洞宗だよ。
そして上の叔父が、あの大学に行ったから
無関係ではないよ(・_・)b』


2355or0655を観ている人なら絶対行きたい場所だと、
勝手に思い込んでいるよ(´ー`)y-~~

…で、あまりに喉が渇いたので、
まずは喫茶店に入ったのだが、
あの喫茶店ではなく、違う側のお店に入った。
奥の席がいっぱいだったので、入り口近くの席にした。
隣の席には、おばあさんが一人、のんびりと飲食中。

彼が、注文をしている間、手荷物の整理をしていると、
おばあさんを挟んだ向こう側、入口手前の席で、
青年が「どうすればいいんだよぅ!」と半泣きで声を上げた。

チラリと見ると、青年がタオルハンカチで涙を拭いている。
向かいの席には、おとなしそうな女の子が
無表情で座っていた。
『ぉぃぉぃ、美代子がここにも(゚Д゚)』と吃驚しつつ、
チラッと隣席のおばあさんと目が合い、お互いニヤリと会釈。

彼がコーヒーとプリンを持って来てくれて、
おばあさんと3人で、そっと聞き耳を立てる。
なかなか悪趣味だと我ながら思うが、
喫茶店内で大泣きする男が悪い(・_・)b

「そんな風に髪を明るく染めたりして…」と恨み言が続くが、
彼女の髪は大して明るくない。黒ではないが焦げ茶って感じ。
プリンが美味しくて、聞き耳を忘れていたら、
彼女も少し目頭を押さえていた。

その後「ふっ、こんなとこで笑うのも変だけどさ」と、
青年はハンカチ片手にトイレへ向かった。
泣くよりは良いぞ…と呆れつつ彼女を見ると、
目立つ席に置き去られたまま、無表情で座っていた。

『恥ずかしいだろうなぁ…』
私だったら、そのままそっと店を出る。(前払い制だし)
彼女も美代子のように、サクッと帰るべきだと思ったが、
そうも言えず、珈琲もプリンもなくなったので席を立った。
おばあさんは、まだちびちびと飲食を続けていたので、
なんとなく会釈をして店を出た。

『あの店でなくても美代子がいたね(゚Д゚)』
「あれは男が悪いな…(-_-;)」と話しつつ、
彼の目的地へ向かう。

その後、高円寺に向かうが、入口がわからず、
周りを歩いていると、家の前を掃いている人がいたので、
教えてもらい、やっとたどり着いたヽ(´ー`)人(´ー`)ノ

DSC_1202.jpg

しかし、こんな感じで結界があって正面から入れず、
横道から参道に入った。

DSC_1203.jpg
内側から見た葵の御紋

本殿に辿り着いたが、ここも結界があり、
お賽銭箱もないヽ(´ー`;)ノ

DSC_1207.jpg

二人並んで合掌するだけで帰った…

帰りは違う道を通ったので、あの喫茶店も見たよ(゚Д゚)

DSC_1208.jpg
[ 2017/05/11 ]
Divination
BlogPeople
Art People
美術館に行こう!