(・_・)b

Since July 08, 2008 (Vol.10)

文月の雑談

文月ですな…
fa.gif

3日に、やっと「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅
を観たヽ(´ー`)人(´ー`)ノ

poster_2016070506415434b.jpg

最初に行ったのは土曜の夜だったのだが、
パンフレットとポーチ購入中の館内放送で、
「映写機の不具合」による休映を知った(-_-;)


次の、0時からの回で、復旧次第上映予定らしいし、
案外その回のプレミアシートも完売してなさそうだし、
ちょっと悩んだけれど帰宅…


その後何度かサイトをチェックしても、やはり当日の復旧がなく、
翌日以降も不明と出ていたので、普通の3Dや2Dもあるし、
そっちでも良いと諦めかけていたのだが、
日曜の午後になって、やっとお知らせがヽ(´ー`*)ノ


またダメになったら…と心配しつつ予約して貰い、
夕方になってから、まったりと出掛けたヽ(´ー`)人(´ー`)ノ


プレミアシートは2列のみで、我々の前に男性が一人だけ。
この人がまた、なんと言うのか、素敵に寛いでいた。
カップルだけじゃなく、そんな使い方も良いと思った_φ(._.)
両脇が、ゆったりした造りなので、バッグも余裕で置けて良かった。

case.jpg
我々は赤いケース

しかし、その前後は普通の席に挟まれているので、
少々残念な事もあった(-_-;)真後ろが賑やかだった。
座席の違いについての価格差談義なんて聞きたくもない。

sweets_fruit_tarte.png

それにしても、前作から6年も経つなんてなぁ…
金曜の夜、テレビで一作目を放映したので、
おさらいの意味で再度観たのだが、
ところどころ内容を忘れていて愕然とした(゚Д゚)<健忘

Absolem.jpg

エンドロールの際、

「我らの友人 アラン・リックマンに捧ぐ」

と出た。
アブソレムの声の人だった…(-人-)

Absolem1.jpg

噂では、賛否両論って感じだったが、
私は、とても楽しめたよヽ(´ー`*)ノ面白かった♪

20160703.jpg
あちこちで写真撮影用な場があった



結局、新しい携帯電話は、
Xperia X Performance SO-04Hにした。


ミクミク携帯から、≒3年ぶりの変更になった。
ロボホンが日本の会社だったら…と、ちょっと悔やみつつ。
随分久しぶりの白い携帯なので、ケースも白にした。
case_20160706014411713.jpg
かなりのお気に入りヽ(´ー`*)ノ可愛い

さっき書いた、国吉の図録写真が、
今回の携帯で初めて撮った写真だったりするのだが、
いつもは、なんかブレてたり、今一つだったのに、
なんだかとても綺麗に撮れた気がしている(・_・)b

考えたら、これで丁度10台目だなぁ…
やはり年々進化しているねぇ…うんうん。
ちなみに歴代メモ。

1998
P206 HYPER

2000
P209i HYPER

2002
P211i

2003
P251is

2004
P252is

2006
SO902i

*****ココからスマートフォン*****

2009
T-01A

2011
SO-03C

2013
Xperia feat. HATSUNE MIKU SO-04E

2016
Xperia X Performance SO-04H



『フィレンツェ、メディチ家の至宝 ウフィツィ美術館3D・4K』は、
9日の初日に行ったヽ(´ー`)人(´ー`)ノ

20160709.jpg

日本×イタリア 
国交樹立150周年を迎える記念すべき年
メディチ家歴代の美術コレクションを収蔵する
イタリア・ルネサンス絵画の宝庫”ウフィツィ美術館
世界遺産の街フィレンツェ
世界最高水準3D・4Kテクノロジー映像で旅する!!



予告が素晴らしかったので、とても楽しみにしていた♪

botticelli.jpg
Nascita di Venere-Sandro Botticelli

Foujitaの際も然りだが、ガラガラだった…
上映館も少ないし、あまり大々的に宣伝していないし、
Art系の映画は偏りがあるのかなぁ…

primavera.jpg
La Primavera-Sandro Botticelli

最初の方は、少しウトウトしたものの(!)、
観た事がある絵や彫刻が3Dになっているのは楽しかったし、
とても綺麗だったのだが、豪華版「美の巨人たち」って感じで、
我々が期待していたような、例えば「エルミタージュ幻想」的な、
目が離せない何かが足りなかった気がした(-_-;)
いや、とても凄かったんだけれどね…


Русский ковчег

まだエンドロールが始まったばかりの時に、
早速席を立つ人がちらほら…

tiziano-venere-urbino.jpg
Venere di Urbino-Tiziano Vecellio

折角、作品で紹介された絵の年代や作者、所蔵館名等が、
丁寧に出されていたのに…
この映画も、IMAXにしていたら、もっと違ったのかなぁ…
[ 2016/07/13 ]
Divination
BlogPeople
Art People
美術館に行こう!