(・_・)b

Since July 08, 2008 (Vol.10)

国吉展とトーマス・デマンド展に行ったよ

日曜は、二度目の国吉展と、
トーマス・デマンド展に行ったヽ(´ー`)人(´ー`)ノ

matsuri.jpg
祭りは終わった-国吉康雄

まずは午前中に横須賀美術館へ。
今回も開館30分程前に到着したのだが、既に長蛇の列(゚Д゚)
展示替え後だし、1カ月を切ったからかな…と思ったら、
L'展を見に来た人達だったらしい。
入り口が別だったので、
見ると国吉展に入ったのは数えるほどだった。

1_20120612232604.jpg

それにしても、国吉は良い…(´ー`)y-~~
わざわざ展示替え後にも行った展覧会は、今回が初めてだが、
丁度混雑していない時間帯だった事もあり、
ゆっくりと鑑賞できて良かった。

来週のぶら美も必見だ(・_・)b

横須賀美術館「国吉 康雄展」
~アメリカ美術を変えた男!孤高の芸術と波乱の生涯~

6月19日(火)20:00~20:54 BS日テレ

5.gif

それから東京都現代美術館に向かったヽ(´ー`)人(´ー`)ノ
お昼時だったので、まずレストランに入った。

「本日の鮮魚の御定食」を注文。
いつもならパンなのだが、ちょっと硬いと聞いたので、
私はごはんにした。
暫く待っていたが、彼のパンが来ない。
美味しいスープを飲んだり、ちょっとサラダを食べたり、
ピクルスを彼に食べてもらったりしつつ待つが来ない。

暫くして、スタッフが優雅に席を見回り始めたので、
ちょっと合図をする。
ゆったりと近付いて「大丈夫ですか?」と
不思議な声をかけられたので、
『パンはいつ頃になりますかヽ(´ー`?)ノ』と訊く。
「失礼いたしました!」と厨房に向かい、
「パンがまだです!」と聞こえていたので、
すぐに来るかと思ったが、
まあ、これも、結構待ってから到着。
ゆったりと時が流れるレストランなんだな…
今度はカフェの方にしよう。
気を取り直して、会場に向かう。

td.jpg

トーマス・デマンドは、
政治的、社会的事件が起きた現場の風景を、
写真をもとに厚紙で精巧に再現し、
それを撮影した写真作品で知られる
ドイツ人アーティストです。


thomas.jpg

写真に映る世界は、まるで本物と見紛うものの、
空間の均一性によって見る者に現実空間との差異を認識させ、
再び現実とは何かを問いかけます。
本展は、初期作品から映像作品を含む新作まで、
デマンドの活動を本格的に紹介する
日本の美術館では初めての個展となります。

面白かった♪
作品の数は少なかったが、その分じっくり観られた。
混雑もなかったので、まずグルリと見回り、
その後、最後の部屋に置いている、
色とりどりなリーフレットを1枚貰って、解説を読みつつ再度観た。

Bathroom.jpg
Badezimmer-Thomas Demand


そうそう、このリーフレット、
ちょっと見つけ難い場所にあったからか、
持っている人が少なかったので要注意(・_・)b

leaflet.jpg

色も、スッと上から取った私のグレーの紙は、
文字色がシルバーなので読み難かった(-_-;)
↑右の赤いのは彼のリーフレットだが、
まだ私のよりは読みやすかった。

その後コレクション展を観た。
久々に「ヘアリボンの少女」もヽ(´ー`)ノ

girl-with-hair-ribbon-1965-roy-lichtenstein.gif
Girl with Hair Ribbon-Roy Lichtenstein


帰りに「まばたき証明書」も作った♪

610.jpg

5.gif

そろそろ夏越の大祓も近付いた事だし…と、
烏森神社へヽ(´ー`)人(´ー`)ノ

茅の輪も出ていたので、形代も出ていると思ったのだが、
見つからないので、大祓の幟を立てていた人に訊くと、
「11日からですよ」と言われたヽ(´ー`;)ノ1日早かった…
がっかりしていたが、昨日彼が貰って来てくれた♪

630.jpg
これこれヽ(´ー`*)ノ

帰りは、いつもの驛舎珈琲店で、まったりヽ(´π`)人(´π`)ノ
彼は紅茶のシフォンケーキのセット、
私は本日のケーキ(メロンのショートケーキ)のセットにした。
喫煙席は、上がってすぐのフロアなので楽だな(´ー`)y-~~

そんな感じで、サクサクッと過ごした日曜日だった。
[ 2012/06/13 ]
Divination
BlogPeople
Art People
美術館に行こう!