(・_・)b

Since July 08, 2008 (Vol.10)

ルドン展に行ったよ

3日にルドンを観に行ったヽ(´ー`)人(´ー`)ノ

poster_20120313051344.gif

数日前から、図録完売のツイートを見ていたので、
ちょいと残念に思いつつ出掛けた。
東京展の前の2会場の入りが芳しくなかったから、
増刷しなかったのかもね…ふっ…(遠い目)
ルドンとその周辺──夢見る世紀末:artscapeレビュー

我々が現地に到着したお昼過ぎには20分待ちだったが、
並んでいるうちに40分待ちに変わったものの、
幸い15分も並ばずに入れたので良かった。

1Araign#233;e
L’araignée souriante

2007年夏のルドンの黒以来かな…
好きな作品を久々に、じっくり観られたヽ(´ー`*)ノ

入り口には随分並んでいたものの、
混雑していたと言うほどでもなく、
一部屋一部屋が、ちょいと狭かったが、
グラン・ブーケの部屋以外では、そんなに気にならなかった。

Grand bouquet
Grand bouquet

狭い一室で観たグラン・ブーケは、
作品保護の為、薄暗い。
↓こんな感じ

Grand bouquet00

なかなか巨大な絵だし、間近で観るより、
もう少し離れて眺めたかった。
狭いので、後ろの壁まで下がるだけでは、どうも今一つ。

まあ、気になった事といえば、
サイトにも、会場の張り紙にも書かれていた事だが、


これがねぇ…(-_-;)
室内でも階段でも、ガッツンガッツン高らかな靴音が響く。
当時の建物空間の雰囲気と呼ぶには、
ちょっと力強く歩く人達が大量すぎたようだ。

今回、一番印象深かった絵はルドンではなく、
ポール・セリュジエの作品だったりする。

Hommage #224; Odilon Redon
Hommage à Odilon Redon-Paul Sérusier

仏陀のイメージで描かれたルドン。
手前で、2匹のサラマンダーが、手を合わせているように見える。
残念ながら綺麗な画像が見つからなかった…

そして、隣にはルドンの↓この作品…

0Les yeux clos
Les yeux clos

なんか、これで、グッと来た。
行った甲斐があった…(ρ_;)
[ 2012/03/13 ]
Divination
BlogPeople
Art People
美術館に行こう!