(・_・)b

Since July 08, 2008 (Vol.10)

睦月の雑談

睦月ですな…(´ー`)y-~~
055041.gif

3日に氏神様へ初詣に行ったのだが、
お札を納める場所がなかった…
お飾りを納める都合もあるので、松の内が明けるのを待ち、
昨日出掛けたヽ(´ー`)人(´ー`)ノ

久々に川崎大師で、帰りに味噌おでんと、
大好きなそばがきを…と思っていたのだが、
まだ混んでいると聞き、急遽近くの伊勢山皇大神宮に変更。

幸い混雑していなかったので、祖母の御朱印帳も頂く。
お守り等々を納める場に向かうと、袋から出して、
中身のみ受け付けると聞き、取り出して係の人に渡した。
隣のお堂に、お礼のお参りをするように言われた。

それから、お守りを選び、各々購入。
彼用に錦の、バッグ内に下げられるタイプ。
私は鍵に付ける根付タイプを買って貰った。
梅の花型の赤い鈴が可愛い♪

彼が、おみくじを引こうとしたものの、
両替機もないし、出店も、そんなに出ていなかった事もあり、
今回は引かずに出た。
025676_20120109125046.gif

坂を下りると成田山があったので参拝ヽ(´ー`)人(´ー`)ノ
お寺があるとホッとするな…と本堂に向かうと、
柏手を打つ人が数人いて、ちょっと残念だった。

ここは、可愛いお御籤が色々あったので、
『あ、私も、ここで久々に引こうかな…』と思ったものの、
こちらでも両替できそうになく、
販売機も、お釣りが切れているようで断念。
がっかりしすぎて、こちらでの御朱印を頂き忘れた(ρ_;)

今、サイトを見ていたら、メールおみくじを発見したので、
早速記入すると、すぐに届いたヽ(´ー`*)ノ
…長年大吉ばかりだったので油断していたが、末吉だった!

2012_20120109124649.jpg
常に心は正しいので大丈夫っぽい

5.gif

それから、先月福引で貰ったチケットを手に、
スヌーピーの小さな幸せ探し展へヽ(´ー`)人(´ー`)ノ

poster_20120109160211.jpg

随分並んでいたので迷ったが、とりあえず並んだ。
横の壁に皆の感じる「幸せ」についてのメモが貼られていたので、
それを眺めつつ少しずつ進んでいたら、入場の順番が来た。

もこもこなセーターを触ったり、音の出る鍵盤の絵に触れたり、
香り付きの大きなホットケーキ型ソファを見たり、
(満員で座れなかった)
大人も子供も楽しそうだった。
色々な絵本もあったが、人生案内本が面白そうだった。

会場横には沢山グッズが売られていた。
何か代表的な一冊がないかと気になっていたので、
本の場所で色々見ていたが、結局人生案内本に決定。
しかし、売り切れていたのか、その場になかった。
本屋さんも数軒見たが見つからず、
結局帰宅後Amazonで注文した。

01_20120109165522.jpg
スヌーピーたちの人生案内

02_20120109165647.jpg
スヌーピーたちの人生案内 2

03_20120109165808.jpg
スヌーピーの50年
世界中が愛したコミック『ピーナッツ』
(朝日文庫)


一番下のは大型本が出ていたらしいが、
今新品でサクッと入手できるのは文庫版のみらしい…

5.gif

帰りに、お目当てのお店に向かったのだが、
生憎満席だった事もあり、別のお店にした。

そこも小上がり以外埋まっていたので、
コの字型のテーブルのある小上がりに座る。
向かいに一組だけだったので、まったりできたのだが、
暫くして、二人の女性が横の部分に来た。

若者ではなさそうだと思っていたが、
なかなか赤裸々な話題を、ワイン片手に、
普通の音量で繰り広げているので、
ちょいとAVANTI的に聞き耳を立ててしまったヽ(´ー`;)ノ

ear.gif

社交ダンスの集いに纏わるあれこれは、
過去に、幾度か耳にしたものの、
あれでも随分遠慮したお話だったらしい。
今回はサマンサ・ジョーンズ的語りで、聞き入ってしまった(-_-;)3

もちろん、我々は聞き耳を立てているそぶりも見せず、
時折普通の会話をしつつ、美味しいごはんを食べつつだったのだが、
その人達が、我々の食べているモノを見て、
何度か「同じのをちょうだい」的に注文しているので、
『見てはいけない…』と思いつつ、チラリと見てしまったところ、
「美味しそうだから私達も同じもの注文しちゃったのよ♪」と、
少しだけ会話をした。

声の感じで想像していたよりも、
我々の親世代以上の御年配で、
ちょいと複雑な気分になったものの、楽しい人達だった。
あの手のテーブルは苦手だったのだが、
なかなか面白いな…(ほっかむーん

5.gif

5日は美容室に行った。
結局引っ越して最初に行ったお店に毎月行くようになった。

髪が伸びるのが早いので、
前髪だけ時折自分でカットしていたのだが、
前回指摘され、「無料なので、いつでも来てください」と言われた。
なかなか人気の人らしいし、キャリアもある人なので、
自分の作品(?)に、勝手に手を加えられるのが
イヤなのかも知れない。
しかし、やはり無料となると行き辛い(-_-;)

そこで、自分で切らずに我慢していたのだが、
「今回は切らなかったんですね。」と満足げだった。
『う~ん…気になったんだけど切っちゃダメかなと思って』
「いつでも電話で連絡してくれたら…」とも言われたが、
すぐそことは言え、結構混雑するお店だしねぇ…

初回にバッサリ切ったが、またすぐに伸ばすと伝えた筈なのに、
毎回ザクザクと短くなっていくので、
『痛んでますかヽ(´ー`?)ノ』と訊いたが、
「大丈夫です」と言われたので、再度伸ばすんだと伝えたのが先月。
「コートの襟が引っ掛かるから、春先に伸ばしましょう」と言われ、
『ああ、それもそうだな』と、うっすら納得。

hasami.gif

今回は最初に『短い方が似合いますか?』と確認。
「伸ばしてみればわかるので、今年は伸ばしてみましょう」
そう言われた筈なのに、また結局伸びた分以上に切られ、
ストンと長さが揃ったところもシャクシャクとレイヤーが入り、
気持ち良いくらいゴッソリと梳かれた(゚Д゚)

これで変な仕上がりだったら他所に移るのだが、
毎回満足な仕上がりなので、文句のつけようがないヽ(´ー`;)ノ

これまで知らなかった人が、初めて見かけて、
「似合う」と思って整えてくれている訳だし、
もしかしたら、ずっとお任せでいた方が良いのかも知れない。

これを彼に話してみると、
「じゃあ、沢山あるんだし他に行けば?」と言われるのだが、
同じような条件の男性美容師さんってのは見つけ難い。

今の担当さんは違ってそうだが、
一番の理想は、アンソニー的ゲイな人だったりする(・_・)b

ゲイな人がいれば、両方の目線で見てくれるし、
なんだかんだで楽しかったりして、
そちらが一番なのだが、検索して見つかるかどうか…

5.gif

今年の七草粥は、どうしても気になっていたので、
いつもの普通の(?)七草を刻んで作るのではなく、
スーパーで見かけたフリーズドライタイプにしてみた。

7.gif

お粥を作ってから混ぜ込むタイプで、
『大丈夫かな…』と心配だったが、
風味の有無はともかく、案外美味しかったヽ(´π`)ノ
便利な世の中だねぇ…
[ 2012/01/09 ]
Divination
BlogPeople
Art People
美術館に行こう!