(・_・)b

Since July 08, 2008 (Vol.10)

出張!コロー展

明日の迷宮美術館は「出張!コロー展」
7月14日(月) 19:00~19:45 BS-hi

「最後の古典主義者にして最初の近代主義者」と評される
フランス美術界の巨星ジャン=バスティスト・カミーユ・コロー

コロー

パリのブルジョワジーという
19世紀近代を象徴する家庭に生まれ育ったコローは、
フランス絵画の伝統を踏襲しながらも
新時代のアートを切り開いた画家だった。

Arbre1.jpg

L'Arbre penché

<クローズアップ>
すべての絵画はコローに通ず!?
~巨匠に学ぶコローの見方~

Rome.jpg

Vue du Colisée à Rome-Achille Etna Michallon

Sisley.jpg

La Grande-Rue, Argenteuil-Alfred Sisley

<迷宮伝説>
“コローのモナリザ”
『真珠の女』、その魅力

「構成は古典主義で精神はロマン主義、
まなざしは写実主義的で運筆は印象主義」
と後に評されるこの絵に、
コローは持ちうる全ての技法を注ぎ込み、
じつに10年にわたって筆を加えていったという。

La Femme à la perle

La Femme à la perle

そして、どこにも発表することなく、
死ぬまで手元に置き続けた。


Tivoli. Les jardins de la villa dEste

Tivoli. Les jardins de la villa d'Este

ちなみに、今一番観たい絵は、これだったりするヽ(´ー`)ノ

3年前に行ったルーブル美術館展が、日本初公開の場だったのに、
他の「日本初公開」作品に色々目移りしてしまって、
じっくり観た記憶がない(ρ_;)猫足とか…
→ルーヴル美術館展/横浜見聞録
[ 2008/07/13 ]
Divination
BlogPeople
Art People
美術館に行こう!