(・_・)b

Since July 08, 2008 (Vol.10)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告

ルーヴル美術館展

ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画は、28日からヽ(´ー`)ノ
2月28日(土)~6月14日(日)月曜休館(5月4日は開館)
9:30~17:30(金曜日は20:00まで)
国立西洋美術館

kantwerkster.jpg
De kantwerkster-Johannes Vermeer

オランダ、スペイン、フランスなどの美術史を通じて
「黄金の世紀」と呼ばれる17世紀ヨーロッパは
レンブラント、ベラスケス、フェルメール、
ルーベンス、プッサン、ラ・トゥールといった、
綺羅星のごとき画家を多く輩出しました。


Joseph.jpg
Saint Joseph charpentier-Georges de La Tour

本展では、17世紀ヨーロッパ絵画を
三つの大きなテーマ「黄金の世紀とその陰」、
「大航海と科学革命」、「聖人の世紀における古代文明の遺産」で分類し、
この時代のヨーロッパ絵画を横断的に検証します。


Ulysse.jpg
Ulysse remet Chryséis à son père-Claude Gellée

出品される71点のうち、およそ60点が日本初公開。
さらに約30点が、初めてルーヴル美術館を出て
展示される名品です。


Marie.jpg
Marie de Médicis – Portrait du costume-Frans Pourbus le Jeune

→2009年、東京で2つの「ルーヴル美術館展」開催

20090215.jpg

Judith Leyster themes
[ 2009/02/15 ]
Divination
BlogPeople
Art People
美術館に行こう!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。