(・_・)b

Since July 08, 2008 (Vol.10)
月別アーカイブ  [ 2014年05月 ] 

川崎大師大開帳奉修に行ったよ

昨日は川崎大師大開帳奉修に行ったヽ(´ー`)人(´ー`)ノ

2014-5-25_13-32-53_No-00.jpg

赤札の事もあり、午前中に出るつもりだったのだが、
うっかりだいち2号の打ち上げを最後まで見た為、
午後からになったヽ(´ー`;)ノ


良いお天気で、幸い大した混雑もなく、
まずは手と口を清めてから、お手綱の列に並ぶ。

DSC_0021.jpg

列に並んでいる途中、いつものように、お線香も置けた。
火がついたと思い、香炉の真ん中に置いたのに、
実は火が付かないまま、直立不動状態だった(-_-;)

059.jpg

そろそろと流れるように前に進み、
じっくり見ると、白かったお手綱が、黒ずんでいたり、
供養塔にヒビが入っていたり…

DSC_0024.jpg

前日、新日本風土記でも紹介されていたし、
もっと早く行きたかったのだが、
「四国八十八ヶ所霊場お砂踏み」が始まるのを待っていた。

四国八十八ヶ所お砂踏み

最初に塗香や、お参りの際の色々を聞き、
お賽銭代わりの紙を持ち、真言を唱えつつ参拝。
子供の頃、どこだったかで、お砂踏みをした際は、
こんなにズラリと参拝した記憶がない。
全部いっしょくたにしたお砂を一度に踏んだのだろうか…

今回は、要所要所で購入するモノが色々あった。
今年の、松の内を過ぎた頃だったか、
某横浜最古のお寺に行ったのを思い出した。

そこは私と同じ、高野山真言宗のお寺なので、
こうやくんの看板が立っていたりして、
『お~久しぶり♪』な気分で参拝したものだヽ(´ー`)ノ
k_2014052514225441b.gif

「当寺以外のお札を納める際は…」って感じで、
他にお代が掛かると書かれた立て看板に驚きつつ、
祖母の御朱印を頼み、待っていた際、
何人かが、そこや、他の神社仏閣の古いお札を納めていた。

ああ、色々なお札があるな…と横で眺めていたのだが、
近くに私がいるのに気付かなかったのか、
一人の寺男が他の仲間に吐き捨てるように言った。

「ふん、川崎大師なんかの札を持ってきたわ!」

他の参拝者には聞こえていなかったようだが、
私はハッキリ聞いた。
本山に同級生が何人かいるので、言っておくべきか悩んだのだが、
こんなところでの話なんてアレだよな…と黙っていた。

あの時は、他派と言えども大本山、
私も毎年初詣に行っている場の悪口で、
とても腹立たしかったものだが、もしかしたら、
あの人は、なんか色々な事を見聞きした上で、
あんな事を思い、素直に仲間に言っただけなんだろうか。
まあ、それなら他所のお札も無料で引き取れと思ったが…

今、これを書きつつ
「なんか勝手に腹を立ててごめんね」と、
そこのお寺のサイトを見て、何の気なく、おみくじを引いたら、
大吉だったヽ(´ー`)ノ

2014-5-25_14-40-42_No-00.jpg
勝手に仲直り気分ヽ(´ー`)人(´ー`)ノ

閑話休題。
まあ、そんな事を色々考えながら、
赤札をいただける場所を探していた。
何時になるかわからないので、
テントの下で沢山の人々が待っていた。

宗祖の字は気になったが、いつになるかわからない。
次回は10年後だし…と思ったのだが断念。

境内で、いつもの味噌おでんを食べ、
初めてだった、串刺しの焼売を食べ、
それから、いつものお蕎麦屋さんに向かった。

サイトに出ていなかった通り、
そばがきがメニューから消えていた…
おしるこに入れるそばがきはあるのに、
何故だろう…(ρ_;)

帰宅後、手洗い、お風呂、洗いもの等で、
ちゃんと手を洗ったのに、
今も塗香の際の香りが右掌に残っている。
左手でいただいてから擦り込んだのに不思議だ…

今月末まで開催されているので、
近隣の人は是非(・_・)b
[ 2014/05/25 ]
Divination
BlogPeople
Art People
美術館に行こう!