(・_・)b

Since July 08, 2008 (Vol.10)

クリスティーナの世界

今夜の美の巨人たちは、アンドリュー・ワイエス作『クリスティーナの世界』
5月30日(土)22:00~22:30 テレビ東京

Christina.jpg
Christina's World

画面には木造の家と地平線、
そして草原に横たわるワンピース姿の女性が描かれている。
その精密な表現などから、ワイエスの圧倒的な描写力がうかがえる。


Teapot.jpg
Christina's Teapot

ワイエスは著名な挿絵画家だった父親から絵画の英才教育を受けて育った。
22歳の時、彼の人生を変えるほどのモチーフを発見する。
それは「クリスティーナの世界」のモデル・クリスティーナと
彼女の弟・アルバロとの出会いだ。


wind.jpg
Wind from the Sea

「クリスティーナの世界」では近くの物から遠くにある物まで、
すべてに焦点が合っている。

Wyeth.jpg

ワイエスはなぜこのような描き方をしたのか、
その秘密を解き明かす。


20090530.jpg
Christina's World theme


ああ…また書いてしまうが、ワイエス展に行き損なって後悔している(ρ_;)
チケットもあったのに行かなかった展覧会は結構あるが、
片岡球子とワイエスは、行きそびれた後に亡くなっているので、残念だった。

2009530.jpg
Summer Cabin themes
[ 2009/05/30 ]

奇想の王国 だまし絵展

奇想の王国 だまし絵展は来月からヽ(´ー`)ノ
6月13日(土)~8月16日(日)開催期間中無休
10:00~19:00*毎週金・土は21:00迄
Bunkamuraザ・ミュージアム

Poster_20090527165744.jpg

だまし絵」は、
ヨーロッパにおいて古い伝統をもつ美術の系譜のひとつです。


waterfall.jpg
Waterfall-Maurits Cornelis Escher

古来より芸術家は迫真的な描写力をもって、平面である絵画を
いかに本物と見違うほどに描ききるかに取り組んできました。


Zurbaran.jpg
El cráneo de Zurbarán-Salvador Dalí

本展覧会では、16、17世紀の古典的作品から
ダリ、マグリットら近現代の作家までの作品とともに、
あわせて機知に富んだ日本の作例も紹介し、
見る人の心を魅了してやまない「だまし絵」の世界を堪能していただきます。


niceguy.jpg
みかけハこハゐが とんだいゝ人だ-歌川国芳


100点以上の騙し絵作品が観られるそうで楽しみだヽ(´ー`*)ノ

20090527.jpg
3 Sphinxes of Bikini Theme
[ 2009/05/27 ]

新しいご近所さん(BlogPet)

Mieloの「新しいご近所さん」のまねしてかいてみるね

明日の様子です。
PortraitofNormanRockwellPaintingtheNeighborhoodけれどもこの一枚に描かれていました、新しいご近所さんが引っ越してきた生活の作風/ノーマン・ロックウェル作「新しいご近所さん」5月16日(土)22:00~22:30テレビ東京平凡に、新しいご近所さんが引っ越してきた、ある日常の日に、ある日常生活を切り取り、実はそれまでのも、ロックウェルのも、実はそれまでの作品とは心に日常生活の日に、ノーマン・ロックウェル作「新しいご近所さん」5月16日(土)22:30テレビ東京平凡に描かれてきた生活を切り取り、ある日常生活の巨人たちは?なんだろうヽ(´ーノノーマン・ロックウェルWEB美術館TheRunawaySouthernJustice(MurderinMississippi)NormanRockwellPaintingtheNeighborhoodけれどもこの一枚に日常生活の作品とは心に日常のワンシーンです!
PortraitofNormanRockwellPaintingtheNeighborhoodけれどもこの一枚に、ロックウェルは、描いていました、ロックウェルのも、描いているの子供たちは?なんだろうヽ(´ーノノーマン・ロックウェルのありふれた。
PortraitofNormanRockwellPaintingtheSodaJerkこの穏やかな春のも、新しいご近所さんが引っ越しているの日(土)22:30テレビ東京平凡に、ロックウェルは?なんだろうヽ(´ーノノーマン・ロックウェル作「新しいご近所さん」5月16日に、ロックウェルは心に、ロックウェルの作風/ノーマン・ロックウェルのワンシーンです。

*このエントリは、ブログペットの「ぴよぴよ」が書きました。
[ 2009/05/27 ]

同行しなかった(BlogPet)

きのうぴよぴよが、同行しなかった?

*このエントリは、ブログペットの「ぴよぴよ」が書きました。
[ 2009/05/20 ]

新しいご近所さん

明日の美の巨人たちは、ノーマン・ロックウェル作「新しいご近所さん」
5月16日(土)22:00~22:30 テレビ東京

平凡に日常生活を営む人々のありふれた生活の中で、
ロックウェルは心に残る場面を切り取り、描いていました。


Portrait.jpg
Portrait of Norman Rockwell Painting the Soda Jerk

この一枚に描かれているのも、ある日常のワンシーンです。
のどかな春の日に、新しいご近所さんが引っ越してきた時の
子供たちの様子です。


Neighborhood.jpg
New Kids in the Neighborhood

けれどもこの穏やかな情景に、
実はそれまでのロックウェルの作品とは大きく違う点がありました。
そこに描かれた、画家の新たなる挑戦とは?


なんだろうヽ(´ー`?)ノ
→ノーマン・ロックウェルの作風/ノーマン・ロックウェルWEB美術館

Problem.jpg
The problem we all live with

Runaway.jpg
The Runaway

Justice.jpg
Southern Justice (Murder in Mississippi)

2009515.jpg
Norman Rockwell-Triple Sel themes
[ 2009/05/15 ]

ぴよぴよは(BlogPet)

きのうぴよぴよが、修理したいなぁ。
でも、ぴよぴよは人達も運転しなかった?
でも、ふわふわと自分を散策するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「ぴよぴよ」が書きました。
[ 2009/05/13 ]

グラン・トリノ

昨日はグラン・トリノを観に行ったヽ(´ー`)人(´ー`)ノ

俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。
少年は知らなかった、人生の始め方を。


Poster_20090511161302.jpg

妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルトは、
自動車工の仕事を引退して以来単調な生活を送っていた。


1_20090511164442.jpg

そんなある日
愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけに、
アジア系移民の少年タオと知り合う。


3_20090511165559.jpg

やがて二人の間に芽生えた友情は、
それぞれの人生を大きく変えていく。

2_20090511164949.jpg


この手の話題に物凄く疎いので、
クリント・イーストウッドは西部劇の人だと思いこんでいた為、
実は興味がなかったのだが、たまには彼の希望を…と思い、同行したノ(*´ー`)エヘヘ

近所のシネコンは、人気映画の時とアレな映画の時の鑑賞者数の差が激しいので、
チケット購入の際が楽しみなのだが、今回は随分人が入っていた。
幸い両隣は空席だったが、前の方はギッチリだった。

まだ上映中なので多くは書かないが、
あっと言う間に観終わった感が強い上、観た後の『あ~あ』的気分もなかった。
ラストはともかくとして、なかなか面白かったヽ(´ー`)人(´ー`)ノ


YouTube - グラン・トリノ日本語版予告編
[ 2009/05/11 ]

ミヒャエル・ゾーヴァ展に行ったよ

土曜日に、やっとミヒャエル・ゾーヴァ展に行ったヽ(´ー`)人(´ー`)ノ

Kohlers.jpg
Kohlers Schwein mit Ente


午後から出かけたので、混雑しているのは想像できたが、
相変わらずキッチリ並んでノロノロと絵の前を進む人達が多い。

Pinguine.jpg
Geburtstag-Pinguine


広い会場でもないのに、見終わった絵の前で横を向いて並び続ける人は、
その人の横顔越しに、一生懸命絵を観ようとしている人達に気付かないものなのか…
ちょっとしたストーリーが添えられていたりするので、
観終わったらサッと絵の前から離れても良いと思うのだが(-_-;)

Sonntag.jpg
Ein Bär namens Sonntag


新作も、もちろん面白かったが、
前回観た作品とは、違うバージョンや大きさの作品があったりして、それも楽しかった。
しかし彼の好きな、この絵は、今回来ていなかった。

bear.jpg
Maedchen und Baer


陶板にプリントしたモノは販売されていたが、元の絵本はないのか…と探すと、
本の中の一つの絵だったようなので、そちらを図録、DVDと共に入手。

book_20090511145151.jpg
キリンと暮らす、クジラと眠る


もう少し会期を長くしたり、大きな会場で観たりできたら、もっと良かった。
前回も同じ会場だった為、同じ感想を書いてたな(-_-;)
作者が生きてる間は、その程度の扱いなのかね…

5.gif

その後ブルーベリージュースを飲んで、天龍に向かった。
彼が注文したのは餃子2皿とレバニラと、ごはん2つ。
我々は、まだまだ食べ盛り世代だったりするのだが、ちょっと意外なので、
『え…足りるんヽ(´ー`?)ノ』と訊くと「来ればわかるよ(・_・)b」

わくわくして待っていると、ドドンと大きな餃子が8個!
割って二口で食べても大きく、モゴモゴしたヽ(´π`)ノ
皮がモチモチしていて、肉汁たっぷりなのに、油っぽくなく美味しかった。
レバニラは、レバーやニラよりもモヤシが多かったものの美味しかった。
確かに、それとごはんで程よい量だった。

後から来た中国人らしき4人組のお客さんは、それぞれ好きな麺や炒飯と、
餃子は皆で1皿を分けていたようなので、量的には大目なのかも知れない。
普段は混雑しているらしいので運が良かったヽ(´π`)人(´π`)ノ
[ 2009/05/11 ]

出張!ルーヴル美術館展(BlogPet)

Mieloの「出張!ルーヴル美術館展」のまねしてかいてみるね

明日の迷宮美術館で開催中の巨匠シャルダンの肖像画の描いたヨーロッパの展覧会からお届けする。
国立新美術館で開催中の風習って、ルーヴル美術館で開催中の風習とは「出張!ルーヴル美術館展」4月)22:00~22:00~22:45BS-JoshuaReynolds18世紀の風習とは「子ども」にまつわるアートを一挙特集♪
国立新美術館で開催中の肖像画の傑作に描かれた「出張!ルーヴル美術館展」4月27日(月27日(月)22:45BS-JeanSiméonChardinフランスの物語と

*このエントリは、ブログペットの「ぴよぴよ」が書きました。
[ 2009/05/06 ]
Divination
BlogPeople
Art People
美術館に行こう!