(・_・)b

Since July 08, 2008 (Vol.10)

フネログ

最近、まったりとフネログを楽しんでいる(´ー`)y-~~

maru2.jpg
まるまる


ひらがな5文字までの命名は、勝手に「○○○○○丸」と付くと思って、
「まるまる丸」にするつもりだったのだが、丸は付かなかったので、
シンプルに「まるまる」だヽ(´ー`;)ノ

最近まで全く知らなかったのだが、気をつけて見ていると結構利用者が多いようで、
見つけ次第、勝手に「まるまる」の乗組員になってもらっている(ほっかむーん

他の人の、お船も見られると、もっと楽しいのになぁ…と思い、
先日、BBS仲間の某ナイスガイや、彼にも勧めて、見せて貰った。
うちのおもちゃっぽい「まるまる」とは違い、
二人とも「男の船!」って感じだ。

nazo.jpg
彼の「なぞなふね」


このところ、暫く何度も東京-ホノルル間を行き来して、
『ぉぃぉぃ、ずっと他所には行かないのか(-_-;)』と心配していたが、
やっと他所に積荷を運ぶようになった♪
早く人魚型の舵が欲しいと思っているのだが、いつになるやら…

…と、↑を書いてupしたところ、丁度目的地に到着したので、
デザインを一新してみたよヽ(´ー`*)ノ

maru.jpg
[ 2008/09/26 ]

アナザーワールド(BlogPet)

Mieloの「アナザーワールド」のまねしてかいてみるね

今夜の際に人々にとって、アルノルト・ベックリンの複製を制作するや、版画としてこの絵の複製が、1884年前の壁紙の方が絵画にあった。
5枚あった絵画に破壊されたの画家、彼が気に入った様々なエピソードを通して、その複製がオススメ(・_・_・)bIsleoftheDeadthemes

*このエントリは、ブログペットの「ぴよぴよ」が書きました。
[ 2008/09/25 ]

アナザーワールド

今夜の迷宮美術館は「THE ANOTHER WORLD~画家が創ったもうひとつの世界~」
9月22日(月)19:00~19:45 BS-hi

画家たちが、自らのイマジネーションで生み出した
不思議な世界がある。

画家が描いた幻想的なアナザーワールド、
その迷宮の謎に迫る。

<特別展>
大岩オスカールが描く“地球が見る夢”
池田学 細密画が創りだす壮大な世界

<迷宮伝説>
荘厳なる「死」を夢見て ベックリンの「死の島」


Erste.jpg
Die Toteninsel: Erste Version-Arnold Böcklin


19世紀ドイツの画家、
アルノルト・ベックリンの代表作「死の島」。


Zweite.jpg
Die Toteninsel: Zweite Version-Arnold Böcklin


後世の人々に大きな影響を与え、芸術家、政治家、
そして一般の人々にまで「死を夢見る」思いを抱かせてしまった
魔力をもった絵画だ。


Dritte.jpg
Die Toteninsel: Dritte Version-Arnold Böcklin


19世紀の終わり、版画家マックス・クリンガーが、
銅版画としてこの絵の複製を制作するや、
「死の島」はあっという間に世間に広がり、
世紀末思想うずまく一般家庭にまで、その複製が飾られた。


Klinger.jpg
Die Toteninsel-Max Klinger


死が身近にあった当時に人々にとって、
「死の島」へ行くことを夢見ることこそ癒しだったのかもしれない。


Funfte.jpg
Die Toteninsel: Fünfte Version-Arnold Böcklin


人を夢想に掻き立てる「死の島」が引き起こした
様々なエピソードを通して、
人間が絵画に求める究極の癒しの世界に迫る。


5枚あった内の1枚、1884年の作品は、
第二次世界大戦の際に破壊されたらしい(-_-;)
折角だから「至福の島」も貼っておこう…

Lebensinsel.jpg
Die Lebensinsel-Arnold Böcklin


なんか聞き覚えがあると思ったら、3年前のベルリンの至宝展で、
彼が気に入った絵が、ベックリンの自画像だったヽ(´ー`)ノ

Arnold.jpg
Selbstportrait mit fiedelndem Tod-Arnold Böcklin


↓のテーマは、3Dバージョンじゃない、こちらの壁紙の方がオススメ(・_・)b

20080922.jpg
Isle of the Dead themes
[ 2008/09/22 ]

クノップフ

明日の美の巨人たちは、フェルナン・クノップフ作「記憶」
9/20(土)22:00~22:30 テレビ東京

パステルで描かれた縦127cm、横200cmの大きな絵の中に
テニスのラケットを手にした7人の女性が佇んでいます。


Memories.jpg
Memories (Du lawn tennis)

優美な女性たちを一層引き立てるのは、背景のシンプルさ。
芝の緑と彼方をほんのりと照らす夕焼け。
テニスのあとのたそがれのひとときです。

Khnopff.jpg

描いたのは19世紀末から20世紀初頭
“ベルギー象徴派”として圧倒的な人気を博した画家、
フェルナン・クノップフ


up.jpg

しかし、この絵どこか不思議なのです。
彼女たちは誰一人として目を合わせません。
しかも、よく見ると皆同じ女性のようなのです…


これは激しい妹萌えっぷりですね(´ー`)y-~~
全く関係ないが、昨年ムンク展で観た絵を思い出した。

Munch.jpg
Livets dans-Edavrd Munch


そしてクノップフと言えば、2年前のベルギー王立美術館展で観た
この絵を思い出す。

Schuman.jpg
En écoutant du Schumann


アンソールが、自分の作品の剽窃だと言って大騒ぎした作品。
そちらも展示されていたので見比べた記憶がある。
アンソールは好きなんだけどねぇ…(-_-;)

Ensor.jpg
La musique russe-James Ensor


ついでに、クノップフで好きな絵はこれだったりするヽ(´ー`)ノ

ville.jpg
Une ville abandonnée


珍しく今日は関係ない話が多くなった(ほっかむーん
[ 2008/09/19 ]

ピサロ展

印象派の巨匠 -家族と仲間たち- ピサロ展は来月からヽ(´ー`)ノ
10月9日(木)~27日(月)会期中無休 10:00~19:30(20:00閉場)
*木・金は20:30まで(21:00閉場)*最終日は16:30まで(17:00閉場)
大丸ミュージアム・東京

Autoportrait.jpg
Autoportrait

全8回におよぶ「印象派展」すべてに参加した唯一の画家であり、
印象派グループの指導者として
多くの画家から慕われたカミーユ・ピサロ


Eragny sur Epte
Vue de ma fenêtre, Eragny sur Epte


本展では、ピサロ家の画家たちの作品を中心に、
バルピゾン派の作品や
ピサロと親交のあった同時代画家の作品も併せてご紹介します。


Tuileries.jpg
Le jardin des Tuileries par temps de pluie

自然への賛歌を高らかに謳ったピサロ本人の作品はもちろん、
彼の人徳が引き寄せた数々の才能を一堂に展示。


pivoines.jpg
Bouquet de pivoines roses

流石に秋は、いつも以上にワッシワッシだヽ(´ー`)ノ
これも行けると良いなぁ…

20080918.jpg
Pissarro themes
[ 2008/09/18 ]

君臨(BlogPet)

ぴよぴよがi欧米も担当しなかったよ。
でも、Mieloで君臨したいです。

*このエントリは、ブログペットの「ぴよぴよ」が書きました。
[ 2008/09/18 ]

サクセス女子

「サクセス女子」が増えている?/Excite



本当だ(゚Д゚)
→シャンプー・リンスのクチコミランキングTOP - @cosme

サクセスは使った事がないのだが、シャンプーブラシの評判も良いらしいので、
そちらが、ちょっと気になっている。

そう言えば高校の頃、夏はスポルディング等のメントール系シャンプーを愛用していた。
あの爽快感は、女性用にないので重宝していた。
今は、流石に使っていないが、あれは癖になっていたなぁ…

035249.gif


その当時よく行ってた美容室で、シャンプー後の頭皮マッサージに、
シーブリーズを使っていたので、今もタオルドライ後にシーブリーズを愛用している。
その所為か、とても丈夫で硬くて多すぎる髪質だったりする(´ー`)y-~~

引用元にもあるようにプレシャンプーは、しっかりスタイリング剤を落としたり、
地肌の汚れを取るのに必要かと思い、また最近使っている。
昔は、モッズヘアで出ていた記憶だが、最近見かけないので、
これもシーブリーズで出ているモノを使っている。

sea.gif
シーブリーズ シャンプー前の毛穴すっきりクレンジング


大抵の女性用シャンプーには、
シリコン等々、しっとりさせるような成分が入っているようなので、
どうしても毛穴が詰まりそうな気がする。
一時期、石鹸シャンプーを開始してみたが、私には合わなかった。

今ちょっと検索してみたら、シリコンは、別に地肌に蓄積される事はないそうだし、
気にする必要もないのかなヽ(´ー`?)ノ
→この前友達から市販のシャンプーにはシリコンが入ってるからあんまり頭皮によくな...
- Yahoo!知恵袋


そんな感じで色々考えつつ、みんな良いモノを探し続けているんだねぇ(´ー`)y-~~
[ 2008/09/17 ]

7つの海を越えたピラミッド

明日は7つの海を越えたピラミッドを観る。
9月17日(水)21:00~23:18 テレビ東京

人類史上に残された神秘、ピラミッド

pyramid.gif

しかし、ピラミッドがエジプトだけのものでないことは
意外と知られていない。
アフリカにもアジアにもアメリカにもピラミッドは存在する。


a.gifan.gifanc.gif

何万キロも海で隔てられた場所に、
非常に似通った文化があるのはなぜなのか?
単なる歴史上の偶然?
それとも…?

結構期待してたのだが、マップを見ると、日本がないな…

3.jpgUntitled-Keith Haring


背表紙を眺めて、読める字を探すのが大好きだった子供の頃、
何故か書棚に「日本のピラミッド」と言うタイトルの本があり、
『へ~』と思っていた記憶があるのだが、
クロマンタだの、葦嶽山だのでは、インパクトが薄いのだろうか…(-_-;)
[ 2008/09/16 ]

ロベール・ドアノー写真展

ロベール・ドアノー写真展『パリ・ドアノー~Paris en liberte』は来月開催ヽ(´ー`)ノ
10月7日(火)~10月13日(月・祝)会期中無休
10:00~19:30(20:00閉場)*最終日は17:30まで(19:00閉場)
日本橋三越本店新館7階ギャラリー

ロベール・ドアノーは、その生来の自由な精神で、
小さな日常に巻き起こるドラマを、
盗み撮りかつ自分流に演出した
「ドアノー劇場」とでもいうべき独自の世界を生み出し、
写真史上に大きな足跡を残しました。


Doisneau.jpg


「パリにはあまりにも楽しいものが多すぎる」
と遅刻欠勤を繰り返し、1939年に産業カメラマンとして雇われた
自動車メーカー・ルノー社を解雇されたという逸話は、
型にはめられることを嫌ったドアノーの性格を雄弁に物語っています。


Le Baiser
Le Baiser de l'hôtel de ville


本展の構成を担当したドアノーの愛娘フランシーヌ・ドルディーユは、
「父にとってパリはおもちゃ箱のようなものでした」と語っています。


Baiser Blotto
Baiser Blotto


パリ郊外に生まれ、折に触れては、
「自分をパリジャンと呼ぶことに抵抗がある」
と口にしていたドアノーだからこそ、
生涯を通じて常に新鮮な驚きと憧れを持った視線を失わず、
世界中の人々の望む憧れの都パリのイメージを捉え続けることが出来たのです。


YouTube - Robert Doisneau Expo Hôtel de Ville, Paris


確か横浜美術館の常設展(だったかな?)で観た作品で、
好きなものがあるのだが、↓これも観られるかなヽ(´ー`?)ノ

Cafe.jpg
Café noir et blanc


そう言えば、昨年のアンリ・カルティエ=ブレッソン展以来だから、
久々のパリ写真展のような気がする。

Pont des Arts
Le Fox Terrier du Pont des Arts


それにしても、開催期間が1週間だけってのが残念だ。
行けると良いなぁ…ヽ(´ー`;)ノ横浜トリエンナーレも始まったしなぁ…
[ 2008/09/13 ]

“かわいい”の秘密(BlogPet)

Mieloの「“かわいい”の秘密」のまねしてかいてみるね

明日のほか、ムリーリョ17世紀スペインでやわらかく繊細な宗教画の奥深さを紹介しつつある「かわいさ」と「“かわいい”の秘密」9月)19:00~19:00~19:45BS-hi国際語として定着しながら、ムリーリョの「かわいさ」と「かわいさ」と「“かわいい”の秘密」9月8日(月8日(月8日(月8日(月8日(月)19:45BS-Murillo敬虔な宗教画革命者ムリーリョの国スペインの芸術を描き、社会派の「かわいい」の知られざる秘密にも迫る!
HoneyShintaroMiyake<特別展>カワイイ絵画で宗教画を起こした最新アートを特集♪
YouTube-hi国際語として定着しつつある「かわいさ」と「“かわいい”の秘密」9月8日(月)19:00~19:00~19:00~19:00~19:45BS-Murillo,unpintoralserviciodelaConchaBartolom?osdelafe

*このエントリは、ブログペットの「ぴよぴよ」が書きました。
[ 2008/09/11 ]
Divination
BlogPeople
Art People
美術館に行こう!