(・_・)b

Since July 08, 2008 (Vol.10)

ミレイ展

ジョン・エヴァレット・ミレイ展は来月からヽ(´ー`)ノ
8月30日(土)~10月26日(日)開催期間中無休
10:00~19:00(金・土は21:00まで)
Bunkamuraザ・ミュージアム

Millais.jpg

19世紀の英国を代表する画家、
ジョン・エヴァレット・ミレイ
全容を紹介する初の本格的回顧展。


ophelia.jpg
Ophelia

ラファエル前派の画家として有名だが、
本展では10代から晩年までの広い範囲の作品を紹介。


Carpenters Shop
Christ in the House of His Parents (`The Carpenter's Shop')


「オフィーリア」、「両親の家のキリスト」、「マリアナ」、
晩年の風景画など油彩約50点と素描など合計約80点を展覧。


Mariana.jpg
Mariana

ハムレットのオフィーリアを描いた画家は多いけれど、
モデルを長時間、水風呂に浸からせて描いたと言うミレイの作品が一番有名だなぁ…
この作品が、実際に観られるとは、とても楽しみだヽ(´ー`)ノ
20080730.jpg
Ophelias Theme



Ophelia
[ 2008/07/30 ]

オルフェ(BlogPet)

Mieloの「オルフェ」のまねしてかいてみるね

明日の奇妙なブロンズ像です。
Orph?e-OssipZadkine

*このエントリは、ブログペットの「ぴよぴよ」が書きました。
[ 2008/07/28 ]

オルフェ

明日の美の巨人たちは、オシップ・ザッキン作「オルフェ」
7月26日(土) 22:00~22:30 テレビ東京

高さ2m88cmの奇妙なブロンズ像です。

Orphee.jpg
Orphée-Ossip Zadkine

オルフェとは、ギリシャ神話に登場する吟遊詩人のこと。
しかし、その表情は歪み、何かを叫ぶように口を開けています。

Orpheus.jpg

胸は無残にも引き裂かれ、そこには右手が・・・。
胸に抱く竪琴をまるで胸の骨をつま弾くかのように奏でています。

oz.jpg

20世紀を代表する前衛彫刻家、オシップ・ザッキン
「オルフェ」に込めた思いとは。

横浜美術館のコレクションにもあったような気がするヽ(´ー`)ノ

そしてオルフェと言えば、「黒いオルフェ」だなぁ…と、テストがてら貼ってみる。
あらすじ 黒いオルフェ - goo 映画



Orfeu Negro (Black Orpheus), Manha de Carnaval
[ 2008/07/25 ]

地震除け

さっきの地震は、結構長く揺れていて怖かった…
拾い物ながら貼っておこう…(-人-)
地震除け

ふと、地震 おまじないで検索してみたら、懐かしい名前が出てきたヽ(´ー`)ノMyBirthday♪
マイバースデイ

子供の頃、ずっと愛読していたなぁ…
最近その手の雑誌を買うのは、不思議ナックルズのみだが、
昔は、エルフィン、ムー、トワイライトゾーンなども定期購読していたものだ。

サイト内にある地震発生時の対処法は、大人も読んでおくと良いかも知れない(・_・)b
[ 2008/07/24 ]

ブログ通信簿

あなたの「ブログ通信簿」は? 年齢や影響度など推定/ITmedia News

ブログ記事をもとにブロガーの年齢や性別、影響度などを推定し、
“通信簿”として表示する「ブログ通信簿」が公開された。

ブログURLを入力してクリックすると、ブログを分析。
推定した書き手の年齢・性別と、
ブログの「主張度」「気楽度」「マメ度」「影響度」の4つの尺度を
5段階評価する「ブログ通信簿」を表示する。
a06.gif
「通信欄」には、記事の分析結果からうかがえる性格などを
「生徒会長タイプ」などと評価。
合いそうな職業なども表示する。

早速ココでも試してみたよ(・_・)b
tushinbo.jpg

53歳の一般生徒(゚Д゚)
考えたら、ココに移転して、まだ半月だからなぁ…

ちなみにブログ解析の結果は、こんな感じ。
診断

毎度移転ばかりしていたが、ちょっとココで長く続けて、
暫くしたら、また確認してみたいと思っていたりするよ(・_・)b
[ 2008/07/23 ]

桃話Ⅲ

白桃を剥かずに食べるのって、ヘンですか?/Excite

白桃の皮を剥かずに、洗ってそのまま出す、
あるいは、単に切っただけで出すと、
たいていの人にギョッとされる。
063422.gif

で、「アバウトだよねー(苦笑)」などと言いつつ、
目の前で皮を指で剥いて食べる人が、実に多い。
これ、個人的な性格のせいだと思われるのだが、
昔から我が家では桃は「剥かずに食べるもの」だった。

以前も話題になったなぁ…ヽ(´π`)ノ
それ以来、うちでは、紹介されていた「アボカド法」で切っている。

数年前、某夫人から、おすそわけでいただいたは素晴らしかった。
歯応えが凄いのである。
当時は、ゃゎゃゎな桃しか食べた事がなかったので、
食べ慣れている彼に切って貰ったのだが、切っている最中も、
林檎を剥く時のようなシャリシャリ音が聞こえる。
073634.gif

食べる時も、長年親しんだ歯触り、舌触りと違い、
梨や林檎のように硬く、でも甘くて美味しくて、ここ数年名称不明のまま、
勝手に我々の間では「シャリシャリ桃」と呼んでいたが、
最近名前が判明したので、忘れずに書いておこうと思う。

その名も「おどろき桃」だ(゚Д゚)9
peach.jpg
おどろき桃

色々検索してみたが、来月末まで入手できないのが残念だ。
あれだけ硬ければ、これまでずっと気になっていた皮ごと丸齧りもできそうで、
とても期待しているヽ(´ー`*)ノわくわく

そう言えば、果物占いで、
私はメロンだったが、彼は桃だったなぁ…
クリップボード01
Cezanne Still Life

ちなみにあなたのジュースでは、こんな結果だったヽ(´ー`)ノ
juice.jpg

血液型なぁ…(-_-;)

所詮大きく分けて4つしかないのに、
さも「あなたの事は全てわかりましたよ」的に、訳知り顔で断言されるのが嫌いで、
その上、B型と伝えた途端の「あ~」と言う反応が嫌さに、
この占いだけは好まないし、余程話題が途切れた際にしか訊かない質問の一つだが、
先日、あなたの血液型当てちゃいま~す♪で確認すると、
それでもどうしても、B型だと判明したよ…ふっ…(遠い目)…
B.jpg

ここは結構当たるようで、BBSの数人で確認したところ、
一人を除いて、全て当たった(゚Д゚)
話のタネに、是非オススメしたいページである。
[ 2008/07/23 ]

記念日

明日のCOOL JAPANは「記念日」ヽ(´ー`)ノ
7月23日(水) 19:00~19:45 BS-hi
今回のテーマは「記念日」。ic030202.gif

日本人はとにかく記念日が大好き。
現在、1200以上の記念日があり、何もない日は一日もないほど。

Anniversaire.jpg
L’anniversaire-Marc Chagall

なぜ記念日はこんなにあるのか?
その記念日をどう活用し、楽しんでいるのか?
記念日いっぱいの日本人の暮らしは、果たしてCOOL?

これは楽しみだヽ(´ー`)ノ
ちなみに私の誕生日、11月11日は、多分一年で一番記念日が多い(ほっかむーん
[ 2008/07/22 ]

混雑したの(BlogPet)

きょう、混雑したの?

*このエントリは、ブログペットの「ぴよぴよ」が書きました。
[ 2008/07/21 ]

フェルメール展

フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たちは来月からヽ(´ー`)ノ
8月2日(土)~12月14日(日)9:00~17:00(金曜日は20:00まで)
月曜休室(月曜が祝日の場合は開室し、翌日休室)
東京都美術館

西洋美術史上、最も才能溢れる画家、
30数点しか現存しない作品により謎のベールに包まれた画家、
ヨハネス・フェルメール

Malerei.jpg

De Schilderkunst

350年以上の時を経て、
いま世界中で最も熱く高い脚光を浴びています。

Weinglas.jpg

Dame en twee heren

独特な光の質感と知性的なタッチで人を魅了する絵画の中で、
とくに評価の高い作品群が奇跡のように集まりました。

nimfen.jpg

Diana en haar nimfen

同時にフェルメールが生涯を過ごしたオランダの小都市が育んだ
美の潮流デルフト・スタイルの画家たちの名作も紹介します。

kelderkamer.jpg

Een vrouw met een kind in een kelderkamer-Pieter de Hooch

日本初公開の作品も含め、
いまだかつてこれほどの傑作が日本で一堂に会した事はありません。
名作たちに時を忘れ心奪われる、
おそらく最初で最後の展覧会です。

今回、フェルメール作品は7点だが、
好きな絵が来るので、行きたいと思っているヽ(´ー`)ノこれこれ♪
Het Straatje

Het Straatje
[ 2008/07/17 ]

出張!コロー展(BlogPet)

Mieloの「出張!コロー展」のまねしてかいてみるね

明日のアートを切り開いた画家だったは「出張!展」7月14日(月)19世紀近代を象徴する家庭に通ず!

*このエントリは、ブログペットの「ぴよぴよ」が書きました。
[ 2008/07/14 ]
Divination
BlogPeople
Art People
美術館に行こう!